40話 大変?工場倉庫を貸すとは?-倉庫工場投資

40話 大変?工場倉庫を貸すとは?-倉庫工場投資ビリオネアへの道!
続きです。
前回39話でとうとう強制執行が無事終わったところまで書きました。
想像以上に大きな空間を手にして、これが本当に僕のものだろうか?と思ったくらいでした。
ちょうど学校の体育館を丸ごと入手したくらいの空間でした。
大の字に寝転がってみようか?(笑)などとも考えましたが、
しばらく物件の中を細かく見まわしてみようとい思いました。
壁は所々ペンキが剥げたりしていました。窓も火事のときに煙を外に出すための、
「排煙窓」という特殊な窓が取り付けてありましたが、それも何枚か割れていました。
消防警報装置も何個か破損し、天井の蛍光灯も割れたり、蛍光灯につながる電線がむき出し
になっていたりました。
天井は4.5メートルもあり、そのあたりのホームセンターで売っているハシゴでは届きそうに
ありません。今日の写真に使った電動シャッターも動くのか?不明でした。
また、倉庫に続くアスファルトもハゲやデコボコが多く、補修した方が良いと思いました。
ただ同時に物件としての優位性は再度実感しました。横浜市内でこれほどの大きな空間はあまり
賃貸物件で見たことはありませんでした。また、交通の便も良いところなので、
4トン6トントラックでも停められる駐車場もあり、物流業にも使えそうでした。
倉庫として貸す場合には、面積当たりの賃料水準は地域によって決まっており、横浜では
坪6千円程度は見込めそうです。単純計算で投資元本から計算すると50%超のとんでもない


利回りが実現できそうです。
これからリフォーム個所の選定を行わなくてはなりません。
僕がやる方法としては、まずは物件の中でじっくり何日も過ごして、すみずみまで見回す
ことで、アイデアを沸かせる、というものがあります。
これは戸建てでもアパートでもボロ物件をかったらあせってリフォームせず、じっくり
考えた方が、安くて効率の良い方法が思いつくことを経験的に知っているからです。
やはりこれも現金投資のメリットで、借金返済を焦らないで良いので自分のペースで
投資および再生業務に当たれるのです。
コストコで安いイスと机を買って現場に常駐することにしました。
これからが不動産再生の本番です!
(続く) クリックを! ↓
http://blog.with2.net/link.php?1593025
クリックを! ↓
http://venture.blogmura.com/entre_servicegyou/">にほんブログ村 起業・独立(サービス業)</a>
 

カテゴリー: 不動産投資情報 | 投稿日: | 投稿者:

miyabi について

こんにちは! 横浜に住む不動産投資家です。元金融業界におり、ヘッジファンドなどのオルタナティブ投資の専門家として働いておりました。不動産投資を軸として独立し、インターネットを活用したビジネスアイデアなども発信していきます。

コメントを残す