不動産投資でお金を借りる方法②(不動産担保融資)

不動産投資でお金を借りる方法②(不動産担保融資)ビリオネアへの道!みなさんこんにちは
(倉庫工場投資の物語は33話まで昨日書いてますので、
 日付け別にスクロールして読んで下さいね!)
今日は不動産担保融資の続きを書きます。
テーマは  日本政策金融公庫でお金を借りる、です。
この金融機関は元は政府出資で作られた、中小企業金融公庫と国民生活金融公庫が合体した
銀行です。
公的な金融機関ということで、僕らのようにサラリーマンが起業するパターンにピッタリです。
創業支援、という言葉がホームページに書かれている通り、組織が作られた目的が中小零細企業に
お金を貸すことにあるので、真剣に相談に乗ってくれます。
お金を借りるときの手順をお教えします。
僕の経験では、まず下記にアクセスします。「事業資金相談ダイヤル」というところに電話します。

http://www.jfc.go.jp/n/finance/flow/tetsudukij_c.html

①個人企業、小規模起業、これから創業をお考えの方→ 国民生活事業
②中小企業の方  →  中小企業事業
とわかれていますが、サラリーマン起業の方は①で良いと思いますので、電話したら担当の人に
①の国民生活事業お願いします、と言えば良いです。
次に下記のリンクから 「創業計画書」をダウンロードして書けるところは書き込んで下さい。

http://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html#keikakuzyo

次に借入申込書を書きます。(ダウンロード ↓)

http://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

この申込書の下の方に B不動産などの担保の提供を希望する、のチェックを入れて下さい。
今日の記事は昨日の続きで不動産担保融資、を前提に書いていますので、御了承下さい。


主旨としては、担保に入れるものがあると、融資決定が早い、ということがあります。
しかも連帯保証人が必要なかったです。僕の場合は。
借入申込書はなんと!この1枚だけです。
不動産投資をやるにあたり、既に会社を登記している人は謄本を用意して、資金使途を書けばオッケー。
後は公庫さんの言う通りの書類を提出すれば後は決済待ちです。
500万-1千万程度であれば1-2週間で決済で借りられました。
すごいスピードだと思いませんか?
ポイントとしては、政策公庫は全国に支店がありますが、その支店によって
電話担当者の人が元国民生活金融公庫なのか、元中小企業金融公庫なのか違いがあり、
当然業務の習熟度に差があります。
その変も見極めながら話していくとより融資が受けやすくなりますよ!
会話の中でそれとなく元どちらの銀行にいたか聞き出せれば良いですね。
お金を借りる、という行為は人と人とのコミュニケーションなので、あなたの服装、話し方、
表情など全て判断材料とされますから、そこも注意した方が良いと思います。
僕の経験からお話しましたが、また続編を書いていきますね。
(続く)
http://blog.with2.net/link.php?1593025
http://venture.blogmura.com/entre_servicegyou/">にほんブログ村 起業・独立(サービス業)</a>
 

カテゴリー: 不動産担保融資 | 投稿日: | 投稿者:

miyabi について

こんにちは! 横浜に住む不動産投資家です。元金融業界におり、ヘッジファンドなどのオルタナティブ投資の専門家として働いておりました。不動産投資を軸として独立し、インターネットを活用したビジネスアイデアなども発信していきます。

コメントを残す