32話 強制執行!(断行⇔困難や反対を押しきって強い態度で実行すること)

32話 強制執行!(断行⇔困難や反対を押しきって強い態度で実行すること)ビリオネアへの道!
続きです。
(冒頭の写真は僕が新聞に掲載されて、この物語の物件を再生した時のコメントが
載ったものです。新しい読者の方も多いので、再掲致します。)
時間を早巻にして強制執行当日です!
強制執行業者は数人の屈強な男の人達を連れて現場入りしました。
弁護士さんも一応現地に来てくれました。
現状に変化ないことを確認して、こないだ貼った催告を見にいきました。
当然変化なく、貼られたままです。
執行官からも残置物には価値無しとのお墨付きをもらっています。
(こういうおかみが関わるときこそ「お墨付き」という言葉が適切なんですねーー)
いよいよ行政の認めた破壊活動の始まりです!
強制執行業者はトラック3台に分乗してやってきました。
手にはハンマー、電気ドリル、運搬用のカート、工事用の手押し車など運び込んで勇ましい感じです。
僕も長居はするつもりはなかったのですが、長期間そのままだったガラクタが方づけられるのを見るのが
感慨深いものがあり、しばらく見ていました。
ハンマーを使ってアスファルトの上に張り付いたコンクリートを叩き割ります。ガッツンガッツンやってます。
かなりの音が響き渡ります。
事前にマンション管理組合には連絡してはあります。
次に組み立てられてクルーザーを支えていた鉄骨類に取り掛かります。
バーナーを持ち出して顔面と目を保護するプロテクターを顔にあててきーーーーん 
という音をあげて青白い火花が散ります。
コンクリートをハンマーでこわすガツンガツンという音と、きーーんというバーナーの音、さらにつるはしで


コンクリの塊を叩き割る音も響いて、マンション周辺はまさに工事現場と化しました。
今までは人の立ち入ることのなかった場所に大勢が入り込んで作業することで、周辺環境の空気が
変わりました。今までは静寂が支配していたのですが、今は動きがあり、なんだか活気のようなものが感じられます。
そうです。これこそボロ物件投資、再生事業をやっていて一番嬉しい瞬間です。
物件が息を吹き返しつつあるのです。
今まで眠っていた動物が動き出して、そのもの本来が持つ価値を表し始めたかのようでした。
マンション住人も上の窓から眺めている人もいます。
早くも全面敷地にあったガラクタが運び出されています。
作業は順調に進展していました。
そろそろ中を綺麗にして、賃貸募集活動始めることを考えないといけないな。。。
そんなことを考えながら、僕は充実感と共に現場を後にしました。
(続く)
下のリンクをクリックして下さいませ ↓
http://blog.with2.net/link.php?1593025
http://venture.blogmura.com/entre_servicegyou/">にほんブログ村 起業・独立(サービス業)</a>
 

カテゴリー: 強制執行 | 投稿日: | 投稿者:

miyabi について

こんにちは! 横浜に住む不動産投資家です。元金融業界におり、ヘッジファンドなどのオルタナティブ投資の専門家として働いておりました。不動産投資を軸として独立し、インターネットを活用したビジネスアイデアなども発信していきます。

コメントを残す