26話 裁判結果とその後ー倉庫工場投資

26話 裁判結果とその後ー倉庫工場投資ビリオネアへの道!


裁判については弁護士さんがちゃんとやってくれたので無事終了しました。

確定判決とやらをもらうまでの数週間は待ち遠しかったですけど、

なにか活動できるようにんったのが嬉しかったですね。

さて肝心の強制執行の見積もりです。

前回の新聞記事にも書いた通り、業者によってかなり差があります。

なにしろ、強制執行やらなくてはならない大家さんなんてそうは多くいません。

従って1度切りの経験になるわけで、相場観、というもんを養う時間がありません。

こういう場合、たいてい 「ぼったくり」  という状況が発生します。

僕の場合、4社に現地に来させて見積もり取りました。

内容は、 200㎡の倉庫に満載の鉄骨、自転車、棚などの残置物及び生活道具の解体と撤去、 です。

横浜地方裁判所の執行官室の近くに行くと、登録業者一覧表がそれらしく置いてあります。

そこには 「強制執行やるならうちへ!!」 みたいな感じで業者名と連絡先が20社くらい書いてあります。

最初に見た時は、あーーー助かった探さなくていいや、と思ったんですが、とんでもありません。。

このリストに載ってた業者が一番のぼったくり野郎どもでした。

結論から言いますと、 値段はなんと 450万円から150万円もの差がありました!!

450万円という素敵な価格提示をしてくれたのは、裁判所のリストに載ってた業者でした。。。

他にも値段出した業者いましたが、最初からぼったくる気満々でしたね。

450万円提示した業者は執行官と一緒に現地調査に行ったときは、さも知ってるみたいな顔で執行官と(実際何度も会ってるみたいで)

親しげに話してましたけど、いやーーーいい商売してるわ。あの値段で受注できたらぼろ儲けじゃないでしょうか。

(続く)http://blog.with2.net/link.php?1593025
<a href="http://venture.blogmura.com/entre_servicegyou/" >起業・独立(サービス業)ブログランキング</a>

カテゴリー: 強制執行 | 投稿日: | 投稿者:

miyabi について

こんにちは! 横浜に住む不動産投資家です。元金融業界におり、ヘッジファンドなどのオルタナティブ投資の専門家として働いておりました。不動産投資を軸として独立し、インターネットを活用したビジネスアイデアなども発信していきます。

コメントを残す