image (29)

No.125 せまい庭でもバーベキューができる

No.125 せまい庭でもバーベキューができるビリオネアへの道!たまにはリラックスしてバーベキューでも楽しみたいものですね。

今日はアマゾンで買って最近買って使っている、ロータスグリルについてレポートしてみたいと思います。

買ったのはこれ。

日本のような住宅密集地でのバーベキューはなにかと煙が気になるものです。

せっかくたのしくワイワイやってるのに、ご近所の洗濯物に煙の臭いがついてクレームが来たり、

煙がすごくてそれだけで文句を言われるのも嫌なものです。この商品の特徴は、

●「煙」と「着火」という2つの障害を見事に解消した炭火卓上コンロ
●ロータスグリルを使用すれば、これまで煙が気になって出来なかった場所でもバーベキューが気軽に楽しめる
●庭先やバルコニー、縁側など新しいバーベキュースタイルがはじまる

で、実際に使ってみました。説明書はすごくわかりやすいです。

image (29)

使い方

特徴としては、単三電池を使って空気を送り込み、それにより煙の発生を抑える構造、ということです。

また上の図にもある通り、チャコールコンテナーと呼ばれるツボに炭を入れ、着火剤をホール底の皿に塗り、

点火するだけです。

送風量はコントロールスイッチと呼ばれるつまみを回転させることで調整でき、町にある牛角みたいに手軽

に焼肉が楽しめました。

 

僕は肉、野菜、ホタテ、オイルサーディンなどを載せて焼きましたがとてもおいしく焼けましたよ!

肝心の煙ですが、さすがに全くゼロというのは無理でしたが、ほとんど気にならない水準で、ごくたまに食べ

物を網の上で焼きすぎた時に一瞬煙が出たりしましたが、下からの電動の送風のおかげでお隣の洗濯物は

全く気にならなかったですよ。

image (28)

 

ためしににやったオイルサーディンも缶詰のまま載せて美味しくビールのつまみになりました。

1時間程度焼くとチャコールコンテナの中の炭が焼けて灰になりますので、まだ焼き足りない人は

上部の網を外して、コンテナを取り出し、炭を入れてまた着火剤をコンテナ下部の皿に塗り、点火

すれば良いだけです。

後片付け

さて、美味しく頂いた後、バーベキューの後片付けはちょっと憂鬱なものです。

でもこのグリルは簡単でした。

まず上記説明書の8番にあるように網を外します。チャコールコンテナは錆びると細かい網目が傷んで

しまうので水で洗わないようにします。でもそれ以外の焼き網部分やボール内部の反射鏡は洗っても大丈夫です。

水道で洗いましょう。

残った炭は捨てて、水洗いしたものを乾かして、最後は付属のカバンにしまって終わりです。

炭は庭に散らばらないし、これならバルコニーでもできるかもしれません!

これで1万6千円はお得です! 僕は依然七輪で焼いてたのですが、煙がすごくてあきらめましたが、この

グリル買ってからは月に3回も友人読んでバーベキューやってます!

 

お勧めです!

 

 

 

 

 

カテゴリー: 日記, 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

miyabi について

こんにちは! 横浜に住む不動産投資家です。元金融業界におり、ヘッジファンドなどのオルタナティブ投資の専門家として働いておりました。不動産投資を軸として独立し、インターネットを活用したビジネスアイデアなども発信していきます。