a0790_000627

No.117 突然ですが親戚の家が火事で全焼しました。。

No.117 突然ですが親戚の家が火事で全焼しました。。ビリオネアへの道! 

戸建でした。関東の某県にありました。

過去形なのは既に焼けて無くなったからです。。。

火元は隣の家で、夜ごはんの時間帯だったので、近所の人達から「逃げてーーー」 という声がかかり、

そのため逃げる時間があったとのことです。燃えたのは一人暮らしの男の家で、家の中に窯とかあったそう

です。。。。迷惑な話です。

とにかく火事には命を守ることが第一ということで、文字通り着の身着のままで家の外に出たのですが、

入れ歯など数点どうしても困るものを持ち出すために家に戻り(危ないなー)、取ってきたそうです。

その後すぐ火が燃え移り、あっという間に全焼したそうです。。こわーー。

 

火事に備えるには?

聞いてて思ったのですが、突然の火事により、日常生活の継続が途端に困難になることがわかりました。

身近な人達がこうした不幸に会うとようやく実感持って理解することができましたが、預貯金、不動産の

権利書、印鑑、財布、現金、携帯電話、などなど、今なくなったらかなり困るはずのものが全て失われる

わけです。

そもそも身分証すら持ち出せなかったらどうなるのでしょうか? 自分が自分であることを証明するなんて。。

カフカの世界か??

とりあえず住む場所もないので、近所の親戚でもなんでもない方の家に身を寄せたとのことです。

よく考えたら東北地震の時はこんな状況の方々が何万といたわけで、それに対して自分は大したこと

できなかったな、と実感しました。

普段銀行の貸金庫に通帳、権利証、保険証など預けている、と他の親戚から聞いたことが以前あったので

すが、その時は「おおげさだなー」 などと思っていたのですが、考えを改めました。絶対正しいです。

そもそも不測の事態に備える、ということが一体どの程度できているのか?振り返る良い機会になりました。

まとめ

 

誰もけがすらなかったようなので、不幸中の幸いでした。

でも火災保険は保険会社の調査員が来て、全焼認定しないと払われません。

数週間はかかるのでは?

僕も過去の記事で地震保険もらった記事書きましたが、http://miyabim.jp/?p=190

家建てるのも時間が数か月かかります。その間生活費どうすんの?とか、ようやく気が付きました。

非常時に備えて空家を一戸持っておくか?

放射能騒ぎの時、富裕層が大阪とか福岡に家を買う動きがありましたが、あながち間違ってないですね。

どっかでボロ戸建て100万くらいで買っとくこと真剣に考えよう。

(終わり)
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(サービス業)へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ
 

 

 

カテゴリー: トラブル | 投稿日: | 投稿者:

miyabi について

こんにちは! 横浜に住む不動産投資家です。元金融業界におり、ヘッジファンドなどのオルタナティブ投資の専門家として働いておりました。不動産投資を軸として独立し、インターネットを活用したビジネスアイデアなども発信していきます。