5284376404_48b897f639_m

52話 不動産でお金を借りる!-倉庫工場投資

52話 不動産でお金を借りる!-倉庫工場投資ビリオネアへの道!読者の皆さんこんにちは

いつも読んで下さってありがとうございます。

倉庫工場に投資して苦労して裁判、強制執行、明け渡し、そして52話に至る話は今年の1月から書いてお

りますので、よろしければ月別の項目をクリックしてお読み下さい。

1月はこちら → http://miyabim.jp/?p=42

 

さて前回は空いた倉庫の貸し先としてトランクルームを検討し、結局割に合わないのでやめたところまで話

しました。

そんな日々を送っていると、当然資金をどうするかについても考えないといけません。

僕は財務的にはかなり余裕をもって投資に挑んでいますので、普段銀行との付き合いは同業さんと比較し

ても少ない方だとは思います。しかし全く付き合いがゼロですと、将来の不測の事態に備えることができませ

ん。なので、必要なくとも少しはお金を借りて継続して返済を続け、実績を積むことも大事だと思います。

今日は以前も好評だった、不動産担保融資についてお話します。

読んで字のごとく、不動産を担保にお金を借りることです。

不動産には銀行が抵当権を付け、銀行口座に振り込んでくれます。

今回は倉庫物件全体のリフォームということでお金を借りることにしました。

大体500万円を目途に交渉すると仮定します。

持ってる物件は関東圏の戸建てがいくつかあり、それを抵当に入れることでどうか?と交渉しました。

行先は政策金融公庫の国民生活事業です。

物件の登記簿謄本、公図、測量図などをファックスし、審査担当が見てくれました。

その間数日です。

資金使途は聞かれましたが、1回の面談で口頭で説明しただけでとても簡単でした。

ただ、抵当に入れる物件については、住所、駅からの距離、などで政策公庫さんも好みがあるらしく、

僕としては意外だな?と思う物件を指定してきました。

つまり僕が買った値段では一番安い物件を指定してきたのです。

利回りはあまり変わらず、10%台後半で、駅からの距離、築年数もあまり変わらないのですが、それなりに

ロジックがあるのでしょう。

読者さんもまずはお金を借りるために銀行の窓をたたいてみることをお勧めします。

以前の記事はこちら!→ http://miyabim.jp/?p=85

とにかくこれで資金的にはかなり余裕ができました。銀行との関係もでき、賃貸募集活動に専念できます。

(続く) クリックをして頂けるとありがたいです。

不動産投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(サービス業)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 不動産担保融資 | 投稿日: | 投稿者:

miyabi について

こんにちは! 横浜に住む不動産投資家です。元金融業界におり、ヘッジファンドなどのオルタナティブ投資の専門家として働いておりました。不動産投資を軸として独立し、インターネットを活用したビジネスアイデアなども発信していきます。

コメントを残す