カテゴリー別アーカイブ: メンタル

No.129 会社にぶら下がるサラリーマンは死刑!

ご無沙汰してます。

今日は怒りの声をあげたいと思います。

対象は「仕事や会社にはなんの興味もない、もしくはほとんどないけど生活のために勤め続けるしか

ないな」と考えながらも表面的にはまじめを装って働いているサラリーマンです。

やる気のないサラリーマンとは?

以前僕が働いていた会社にもいました。

某都内有名高校を卒業して、国立トップ大学を卒業、金融機関で働いて外資系に転職、

しかし40台後半になって疲れ果て某大手企業の子会社に転職、そこを終の棲家と決め??

全くやる気なく会社にきて昼寝ばかり、という人が。。。。。

また、やる気はないんですが、とにかくネガティブな発言を繰り返し、周りの社員を嫌な気持ちに

させてばかりのベテラン社員などなど。。。。。

本当に迷惑ですね。こういう人達は。周りの人間のやる気を削ぐ上に、「将来俺もああなるのか?」

とか「年取ったらあんな感じでぶーぶー言いながら過ごしていいだんだな?」などと考えるようになり、

会社にとって非常に迷惑です!!

これは極論なのか?

なにもむやみに世の中に喧嘩売ってるわけじゃありません。

言いたいのは、ちゃんと好きで情熱持てる仕事探しましょうよ!ってことです。

その努力もしないでシュウカツも適当、就職してからもぐちばかりじゃ 生きてる意味ないです。

寿命限られてるんだから。

No.127  あなたが絶対にメンタルに強くなる方法

 

 

普段自分はメンタル弱いなーと思ってませんか?

なんとか強くなりたいなーと思いませんか?

今日はその方法についてお話したいと思います。

知り合いの悪い例

僕の知り合いにA君というとても優秀な人がいます。

学校のお勉強もできて良い大学を出て就職も無難にこなしました。

そんな彼が副業で不動産投資を始めました。理由は独立するためです。

順調に物件数を増やし、それなりに収入も得られるようになりました。

でも不思議なことにさあこれから独立か?という段階になると、なぜかネガティブな言葉を

発するのです。

「いやー結局空きが出たらどうなるかわからないし」

「利回り高い物件はなにがあるかわからないから高いんでしょう?」

「結局は独立なんてできっこないですよ」

まさに自己否定ともとれる言葉のオンパレード。

自分に対する呪いの言葉をかけているかのようでした。

お勉強はできるし、事務処理能力も高いのになぜでしょうか?

理由はわかりませんが、一つだけはっきりしていることがあります。

それはこの人が 「自己肯定感」 を持ち合わせていない、ということです。

自己肯定、つまり自分を認め、受け入れてあげる心のことです。その気持ちがなぜか

異様に低い、もしくは欠けているんです。

皆さんの周りにもいませんか?

これを日本人特有の「謙遜」 と一緒にしてはいけません。

なぜならこの人は自分が努力していることに対してわざわざ否定しているんですから。

わかりやすく言うと マゾ。

 

ネガティブな発言が習慣化するとどうなるか?

冗談でマゾやるのもいいですけど、いつのまにか習慣になってませんか?

人間の脳は指令を与えるとその答えを出すためにスーパーコンピューター並みの力を発揮するそうです。

例えば家を買いたい!と思ったとします。

電車に乗ってると 「新築戸建!」 という広告が気になったり、目に入ったりしませんか?

普段は気にならなかった 捨て看板 「非公開情報 OO駅徒歩5分 土地5千万!」 とかいうのが急に

目に入ってきたりした経験はありませんか?

これは、「家を買いたい!」 → 脳みそ君  「 はい!わかりました! 必要な情報を収集します」

と、パソコンのように動いてそれこそ 視覚、嗅覚、触覚、味覚? 全ての五感、六感まで総動員して

家を買うための情報収集をするためなんです。

これは良い状況ですね。自分とその家族が幸せになるために家を買うという決断をして、そのために

脳が働く。 誰も悪いことはないです。

ところが、ネガティブ思考の場合にも同じく脳は素直に働いてしまいます。

例えば毎日まいにち 満員電車に乗って愚痴ばっかり言っているとします。

「はー だめだだめだ 俺はだめだ。 どうせ良いことないし今日も。。。。」

と毎日まいにち 言っているとします。

すると  。。。。  「おれがダメになる方法を見つけろ」 →  脳みそ君 「 はい!わかりました!」

となり、 そのとたん 電車の中の中釣り広告が目に入ります、

「 あなたもこれで早死に! ガン、脳卒中」

「すぐそこにリストラ! あなたもリストラ!」

「飛びおり自殺にに向いた観光地50選!(冗談です)」

みたいな情報ばっかり入ってきます。

そして五感を総動員して自分がだめになるような行動をしていくのです。。。。

明るくて正しく、良い言葉を使いましょう!

これで勘の良い読者の方はわかったかと思います。つまりパソコンへの入力と同じく、

自分の脳へのインプットは自分の言葉なんです。

自分が良い方向へ行くためには良い言葉を使いましょう。冒頭出てきた僕の知り合いは

せっかくの能力にも関わらず、ネガティブな言葉を毎日使い、自分の脳に間違ったマイナスの

指令を出し続けていたんです。無理だ、不可能だ、出来ない、難しいなどなどです。

今も彼はその呪縛にはまったままです。

明るい言葉で自分を鼓舞するというのは多くの宗教でも行われてきましたが、僕は単純に

人間の脳という全てを司る機能の特性に着目して行動しています。

皆さんも是非やってみてください。

(終わり)