カテゴリー別アーカイブ: 不動産投資情報

mns0026-033

No.116 中国が尖閣に攻めてきたら、不動産はどうなるのか? 沖縄は?

戦争とは?

ウクライナではとんでもないことが起こっている割には例によって日本のマスメディアの反応は

鈍いので、自分なりに考えてみたいと思います。

戦争というものは目に見えるものは実は大したことなくて、目に見えない世論とか、噂、人の認識

によってほぼ決まってしまうものです。

例えばスイス政府が発行している本で有名な、「民間防衛」というものがあります。

これはスイス連邦内閣の要請で連邦法務警察省が作成した本です。

内容はおそらく日本人にとっては衝撃的なものですが、これが世界の現実だと思い知らされます。

その目次だけでも抜粋すると、

敵は同調者を求めている、「外国の宣伝の力」、経済戦争、占領軍の洗脳工作、戦いか死か、

など、政府行政機関が発行したとは思えない刺激的な文面が並びます。でもウクライナでおこっている

ことを見ると、この本に書いてあることが正しいと思います。

ロシアによるウクライナ侵攻は、住民の自治希望という形をとって静かに始まりました。

そして「武装集団による占拠」 → 「住民の独立希望」 → 「ロシアからの圧力」

という段階となっています。

尖閣、沖縄への中国の圧力

これを中国による沖縄侵攻に当てはめてみると

「中国からの沖縄、尖閣諸島への圧力」 →

「琉球タイムズなど新聞による同調」 →「八重山での教科書問題での政府指導への反抗」→

→「琉球タイムズでさらに教科書問題アオル」→「尖閣への領空侵犯の頻発化」 →

「沖縄で住民投票で日本からの独立?」→「武装集団による占拠」

こんな感じになっちゃうのかな?と思ってます。

朝日新聞なんかは、中国政府が沖縄も歴史的には中国のものだ、とか言うと、まるで中国政府の機関紙

みたくバカ正直にアエラででかでかと「こんな主張もあります!」みたいに大きく書いちゃうので、

まさに中国プロパガンダのために動いている新聞みたいになっています。主張を載せること自体が

中国の思うつぼであるにも関わらずやってしまうので、たちが悪いです。

 

今の日本の状況は?

上記のスイス政府の本ぬ類型から分析すると、日本のメデイアは自由な表現という憲法に保障された

権利をいいことにして、完全に全体主義国家の侵略意図によって操られた状態にあります。

そのため、進歩的な学者、評論家を使ったプロパガンダにより、日本の防衛力は弱める方向へ、

中国の言うことには反論せず、という状況です。

と、ここまで書いてかなりブログのの内容が政治的になったな、と思い、やや反省。

とにかく、攻めようとしている中国が明確な中で、沖縄のメデイアが左翼的な勢力に支配されているのは

由々しき事態で、当然そんな土地(沖縄)には安心して投資できない。まあ一時的には軍事利用される

から土地の収用があって儲かるかもしらんけど、収容されなけりゃ住む人もいないような土地でバクチ

打つ気もないので、パス!

 結論

損害保険でも戦争の場合は保証してくれません。そんな可能性のある土地は当然

投資しないのが正解!

不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(サービス業)へ
にほんブログ村

a1180_013942

No.112 高い利回りの不動産投資を行う方法

1-① 借金するのかしないのか?

あまり本には書いてありませんが、
ここは大きなポイントです。
借金に対する考え方は人それぞれですが、
一朝一夕に変えられるものではないことも確かです。
(ちなみに筆者は「借金したくない派」です。)
筆者の周りにも色んな投資家がいますが、
不動産投資を行っている方の中で無借金経営
というのは少数派だと思います。
少数派なので割と不動産投資=借金
という図式で語ることが大前提の人も多いですが、
借金することが生理的に合わないという方も
世の中にはいます。僕自身そうだったので、
読者の方にこの先不動産投資で苦しんでほしく
ないのでここであえて問題提起したいと思います。
1棟もののビルを1億円の借金で買ったは良いが、
買った後で自分が実は借金が大嫌いだった、
と気がついても後の祭りです。
投資を始める前に自分は果たして借金を抱えて
不動投資をしたいのか?
やり続けることができるか?
家族(配偶者)に説明できるか?
を良く吟味してください。

1-② 投資対象は 区分マンション?戸建?アパート?ビル?

借金についての考え方がまとまったら次は投資対象の
種類を決めます。特に重要なポイントとしては管理組合
があるかないか?があります。これは投資をしてから修繕や
大規模な改修工事を行う際の意思決定が自分一人で決められる
か、合議制によるかどうかの違いがあります。戸建やアパート、
ビル1棟丸ごとは前者になり、区分所有マンション、区分店舗
などは後者になります。
投資を始める際の自分の性格判断によりますが、自分という人間
は投資についてはその管理を人との相談により決めることで不満
はないか?という問いを発してみてください。戸建やアパートであれば
壁の色を塗り替えたり、庭に木を植えるのも自由です。ただし修繕金は
自らの意思で貯めないといけません。その一方で区分マンションであれば
壁の色はもちろん、場合によっては自分の部屋のドアノブ一つ変えるのに
も管理組合にお伺いを立てないといけないかもしれません。
ただし修繕金は集合体として毎月各個に貯めていきますから、時間の経過
と共にほぼ必ず資金は貯まりますし、合議で組織的に運営しますから、
計画性もあります。管理組合の状態の見極めは必要ですが、人と一緒に運営
したい方には良いかもしれません。組合の人達との意思疎通が不可欠ですので、
ご自分の性格や人間性、好き嫌いなどと照らし合わせて
どちらが良いかはよく考えて下さい。

1-③ 投資対象地域はどこにするか?

最後に投資対象地域の決定です。土地勘があることが絶対条件ですが、
今住んでる場所にこだわらなくても構いません。例えば子供の頃住んで
いて良く知っているとか、自分の親戚が住んでて良く行くから
、という理由で投資対象地域に入れても全く問題ないと思います。
ポイントとしては、自分で買った後に空きが出た場合にちゃんと
住む人、もしくは業態について想像できないと、物件を持っている
ことが嫌になり、手放すことにならないようにすることです。

次回は不動産投資の対象について書きます。

(終わり)

不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(サービス業)へ
にほんブログ村

yam0075-009

No.110 起業の決断(転職ではなく)!倉庫工場投資53話

分かりにくくてすみません。

ブログそのものの更新回数をNo.100、No.101 という風に記載し、

横浜の倉庫工場投資については第50話,51話というふうに記載することにしました。

続きもので今後も倉庫工場投資のノウハウは公開していくつもりです。

前回は不動産担保融資について話しました。

前回はこちら → http://miyabim.jp/?p=282

 

 サラリーマンを辞めるに至るまで

手元資金を潤沢にしたうえで再度賃貸募集活動を行います。

実はこの時期と前後してサラリーマン辞めました。

辞めるまではかなり葛藤もあり、収入は多い方が良いのでは?とか副業で不動産やればよい、リスクを取

る必要はない、とか現状維持の慣性みたいなものが働いて僕を引き留めました。

しかし、もう当時の金融業界には少なくとも僕の担当する中央金融法人(銀行、生保)は大きなリスクはとら

なくなり、結果仲介業者として売る商品もつまらないものが多くなってきました。また、以前はやればやるだ

けもらえたボーナスも激減し、そのくせ仕事のプレッシャーや拘束時間は長くなるなど、労力に比して得るも

のがどんどん少なくなっていったのです。

サラリーマンを辞め起業の決断

副業といいながら不動産の所得はかなりの額になっており、注ぎ込む情熱も時間も不動産投資に対しての

ものがどんどん増えていってました。

そんな心理状態でしたが、心の中ではシミュレーションを繰り返し、何度も何度も「今日会社を辞めたらどの

ようにリスク管理する?家賃収入が減った場合の備えは?投資物件を増やす方法は?資金調達は?」

などと自問自答を繰り返しました。

また、知り合いでコーチングの専門家がおり、個人的に相談にも乗ってもらって自分の起業へのモチベーシ

ョンの確認もなんどとなくしました。

また、スティーブジョブズの本、金持ち父さん貧乏父さん、など何度となく読んでいる本でも先達の方の経緯

を辿り、自分のやろうとしていることの正しさを確認しました。

最後は、人生一度きり、ということを言葉だけでなく実感できるようになったことも大きいと思います。

実際病気や事故で死ぬ人も見かけますし、過去10年20年という月日は振り返るとあっという間でした。

そのように考え、決断に至りました。

まとめ

辞めてから気が付いたこと。

①起業したらサラリーマン時代の人脈は関係ない

同業他社を起業する場合を除きますが、そもそもレアケースでしょう。不動産やネット系ビジネスで起業す

る場合、必要なのは情報と弁護士、リフォーム会社などとの付き合いです。

②サラリーマンには相談するな!

そもそも独立しない人生を選択してそのまま長年生きてる人に聞いても意味ないです。むしろ起業を否定されるだけです。(なぜ起業しない人生を選んだか?についてはいくらでも教えてくれるでしょう。もっとも積極的に生きてる人がそんなに大勢いるとも思えませんが)

③独立したら時間は豊富にある

考える時間、用意する時間、いざという時日銭を稼ぐ時間など、いろんな選択肢を得ることができます。

 

(終わり)

不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(サービス業)へ
にほんブログ村