カテゴリー別アーカイブ: 滞納者対応

22話 ガラクタをヤフオクで出品?! 倉庫工場投資


前回の続きです。

滞納者が逃げ出した後、どうやら人を使って残ったものを持ち出していること

が判明しました。

数日様子を見ていると、例の管理人さんがその持ち出しに来ている業者と話を

してくれました!

この管理人さん、僕の代理人みたいになってます(笑)。現場に毎日行くわけにもいかない

ので、マンション住人である管理人さんの存在は僕にとってありがたいものでした。

この物件を買うにあたり、何回も現地に行って管理人さんと仲良くなり、たまには贈り物(ビールとか)

を送っておいたのが良かったのかもしれません。

管理人さんが、聞いてくれたところでは、金目のものだけ持って行ってるみたいでした。

金属パイプ、 鉄骨、自転車 などでしょうか。

あとなぜか  クルーザー  もなくなってました。

管理人さんに頼んで、その取に来てる業者の電話番号まで教えてもらいました。

滞納家賃もあったし、なにか手がかりがあればと思い、勇敢にも業者に電話しました。

僕 「もしもし。 家主ですが、滞納者 ○○ さんのお知り合いですか? 」

業者 「 まあそうです。」

僕 「○○ さんの居場所教えて下さい。家賃滞納して、もの一杯残していなくなって困ってます」

業者 「 場所は絶対言うなと言われてます。 それに今回の撤去費用も本人からもらってなくて、鉄骨も

   

    大した金にならなくて困ってるんですよ。。。。」

僕 「( いろんんなところで不義理を繰り返す人なんだな、この滞納者。。。) 

   そうですか、それは大変ですね。」

クルーザーは後で噂に聞いたところによると、半分に切ってアジアの某国に輸出して富裕層に

売ると高く売れるそうです。(ホンマかいな??!!)

残置物の鉄骨はヤフオクで売るんでしょうか?中古自転車はヤフオクでも売れそうだな?

みたいなことを考えながら、クルーザーがなくなってちょっとほっとしている僕でした。 

(続く)        
不動産投資 ブログランキングへ" target="_blank">
不動産投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村" target="_self">にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

21話 泥棒が来た!? 倉庫工場投資

ブログ読者の皆様。告知です。

いつも読んで下さってありがとうございます。

日本ブログ村ランキング」 でついに 7位 (独立起業ジャンル)にこのブログがランクインしました!

(「残り物には福がある不動産投資」がタイトルです)

http://venture.blogmura.com/entre_servicegyou/index.html  

にほんブログ村" target="_blank">にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

不動産投資の収益物件" target="_self">

不動産投資の収益物件

皆様の温かい声援のおかげでここまで続けることができました。

(いつもリンク貼るのが失敗しててすみません。。。。 正直苦手です。。。でも改善するようにします。)

前回の続きです。

管理人さんからの電話でなにか異変が起きていることがわかったのですが、

正直よく呑み込めません。。。。。。

滞納者は逃げた。

裁判はこれから。

僕はこれからどうしようか考えている。

なのに荷物運びだし?????

泥棒か?

僕 「管理人さん。よくわからないのですが、もう一度なにが起こっているのか教えて下さい。」

管理人 「なんかバタバタすごい音立ててやってますよ。いろいろ壊してますよ。」

僕 「誰がやってるんですか?」

管理人 「なんか業者の人で ○○さんの知り合いの人みたいですよ」

僕 「!!!!!! 」

  ○○ さんというのは滞納者です。ようやくわかりましたが、滞納者が自分は来ないで人

   に頼んで荷物を持ち出しているんです。

ちょっと混乱しました。

裁判はこれからですが、内容証明を送りつけて逃げた滞納者が自分の荷物を取りに来る。。。

あってもおかしくない話しかもしれません。

悩んだら弁護士に相談です。

そもそも彼の持ち物ですから、持っていってもらう分には問題ないはずです。

いっそのこと全部持って行ってくれないかな?

そんな風に考えながら弁護士に電話しました。

弁護士 「やまもさん。放っておきましょう。自分のものですから滞納者が持っていくのは良いですよ。

      滞納者以外が持っていったら問題ですが、管理人さんもああ言ってるし、大丈夫と判断する

      ならこのままでよいと思います。どうします?」

僕は放っておくことにしました。

滞納者がいい加減な人物であることは今までの対応でわかってはいます。

ただ、残置物が少しでも減ればその分強制執行の際に業者が運び出す分量が減り、料金も安くなります。

どこまで、また何をもっていくのかわかりませんが、当面様子見です。

とりあえず泥棒じゃなくてよかったです。。。

(続く)                  
不動産投資 ブログランキングへ" target="_blank">
不動産投資 ブログランキングへ

 にほんブログ村" target="_blank">にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村

畑中 学

16話 倉庫工場ー驚愕の内部!



消防と共に、警察はマンション敷地の外に待機、という物々しい雰囲気の中、

なんとこの僕が家主ということで、弁護士さん、管理会社含め10名程度を引き連れて

工場倉庫内部に入っていきました。

そうは言っても僕は内部に堂々と入るのは購入後初めてです(笑)。

写真にもあるクルーザーの横に消防車、パトカーを停めて(この土地も僕の所有です)

内部に行きます。

まず驚いたのはマンション1階のピロティと呼ばれる部分です。

これはマンションの柱が2階以上の部分を支える形になっている場合、床面から

2階までの間に空間ができますが、この余裕部分をピロティと呼びます。

この部分が10平方くらいありまして、本来なら自転車置き場とかになるケースが多いの

ですが、なんと! 壁で覆われてドアまで勝手につけられます。しかも

クッションフロアまで丁寧に敷いてあり、完全に居住スペースまであります!・・・・

さらに良く見るとそのピロティ部分の隣のクルーザーの置き場との間に小部屋があります。

扉を開くと、、、、、、トイレが勝手に作られてます、、、、、ある意味すごい工作能力です。。。

要は駐車場のアスファルトの上に壁を作り、地面に穴を空けて便器を設置しているわけです。

。。。。。。。。。。。住んでたんだ、ここに。。。。居住スペースじゃないのに。

なんか荒んだ生活を送っていた人物の心情が伝わるようでした。

さらに脇の通路を通って奥の倉庫(工場)部分へと向かいます。

シャッターで閉じられた空間は約200平方の広さがあり、天井は約5メートルくらいあります。

小学校の体育館を想像してくらえればいいです。それのちょっと小さいくらいの空間があるはず

でした。

4枚シャッターがあるのですが、1枚だけ開けっ放しでしたので、そこに向かいます。

でも広い空間が見えないんです!!

あれ? 真っ暗?

ていうか なんかあるぞ!?

なんとそこにはあるはずのない2階があったのです。

つまり、高さ5メートルの空間のうち、高さ2.5メートルくらい一面に床を勝手に作り、

長方形の空間を上と下の部屋に分けて使っていたんです。

。。。。。。しかも、上の階にはシステムキッチンやらシステムバスまで見えます。。

そして電動のフォークリフト、大量の残置物、中古の自転車、散乱する広告用紙、

マンション住民に送りつけた罵詈雑言の書かれたファックス用紙などなど。。。

いやーーー人生ドラマだわ。

消防や弁護士さんも驚いています。

なにより滞納者がいなくなって良かったと思いました。

全貌を見るために2階(というか板でつくられた上の空間、と言った方が良いでしょう)

に向かいました。

一番奥の方に階段があり、2階から入るようになっていました。大きな空間が空いており、

そこから2階に入るという変則的な空間の使い方をしていたようです。

続く      

2時間で丸わかり不動産の基本を学ぶ
畑中 学
かんき出版